2010年11月30日

愛馬近況(泣)

馬メジロベツアーリ09馬

「とてもバランスの良い、好馬体の持ち主だなと思いました。いかにも柔らかそうだし、走るゼンノロブロイ産駒に共通した特徴が感じられます。ゼンノロブロイは初年度産駒から大成功を収めた種牡馬ですし、このメジロベツァーリ09も、是非お父さんの勢いに乗って欲しいところですよね」

馬体だけでなく、メジロベッツアーリ09の性格面も、青田氏は高く評価しているそうです。

「生産牧場さんや、イヤリングの社台ブルーグラスファームが、しっかりとやってくれたことも大きいのでしょうが、とても素直で扱いやすい若駒です。今後の調教も進めやすいタイプだと思いますよ」

馴致がほぼ終了したメジロベツァーリ09。今後の本格的な調教は、日高町のファンタストクラブに移動して行われることになりました。現在の馬体重が475キロと、420キロ台だった1歳夏の時点と比べると、大きな成長を示しているメジロベツァーリ09。今後、さらなる飛躍を果たしてくれるはずです。

これから本格的な調教が始まるのですね。かお

あれ?育成先がファンタストって(汗)確か社台Fだったよーな…

ファンタストってどうなんやろ?


馬レッドシュライン馬


担当スタッフ「この中間、右の爪を気にするところがあって、ハロン17秒のペースで様子を見ながら乗っています。原因はハッキリしないのですが、症状は軽く、徐々に気にする面もなくなってきたので、おそらく一過性の症状だと思います。来週になって症状を気にしないようであれば、またピッチを上げていこうと思っています。入厩直前まで来ていたのに申し訳ありません」


ここに来てペースダウンかぁ(汗)ここまで順調すぎるくらい順調だっただけに残念。・°・(ノД`)・°・

しっかり治してまた、しっかり乗り込めるようになるまでは入厩はお預けですね。

来春のデビュー目指して焦らずいきましょ!




posted by でか at 21:42| Comment(2) | 一口馬主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■ファンタストクラブ
どこぞで一部の社台狂信者には失望されてましたが、決して悪いところではないと思います。

名前の由来は早逝した皐月賞馬ファンタストから。名前の通り創設当初は高松元師がかかわっていたようですが、途中から藤沢師が深くかかわるようになっています。東サラの後見人(?)山本氏がここと育成契約を結んだそうですので、非社台の馬を中心にここで育成されると思います。
Posted by ルクソール at 2010年11月30日 23:04
■ご教授ありがとうございます。
>ルクソールさん
なるほど〜!そうだったんですか!
それは勉強になりました。

育成については何分疎いもので、
ルクソールさんにはいつも色々教えていただいて
感謝しております。

某掲示板ではあまりいい評判を聞かないもの
ですから少し不安になりましたが、おかげ様で
安心出来ました♪
Posted by 無駄にでかい at 2010年11月30日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。